1. TOP
  2. マニュアル(G Suite)

G Suiteデータのバックアップ方法


概要
法政大学で使用しているGmailやGoogleドライブなどのデータバックアップを、
「Google Takeout」でバックアップする方法を記載しております。

※本内容は、2016年12月22日(木)現在の情報となります。
仕様が変更された場合、手順通りにならない場合がございます。

G Suiteデータのバックアップ方法
【手順1】
法政大学専用Gmail にログインします。

【手順2】
Webメール画面右上のアカウントをクリックし、「アカウント」をクリックします。



【手順3】
「個人情報とプライバシー設定」にある、「コンテンツの管理」をクリックします。



【手順4】
「アーカイブを作成」をクリックします。



【手順5】
「自分のデータをダウンロード」画面が表示されますので、バックアップしたいサービスを選択し、「次へ」をクリックします。
※バックアップするデータが無いサービスは、バックアップを行いません。



【手順6】
「アーカイブ形式のカスタマイズ」は、ご自身に合ったものを選択して、「アーカイブを作成」をクリックします。
※本例では、以下のように選択しています。
・ファイル形式:「zip」
・アーカイブのサイズ(最大):「2GB」
・配信方法:「ダウンロードリンクをメールで送信」



【手順7】
バックアップデータの作成が始まります。
データの容量によっては、完了するまでしばらく時間がかかる場合がございます。
※手順6において「ダウンロードリンクをメールで送信」を選択した場合、完了後にご自身のメールアドレス宛てにメールが届きます。




【手順8】
バックアップが完了すると、下記図のメールが届きますので、「アーカイブを管理」をクリックします。



【手順9】
「ダウンロード」ボタンが表示されるようになっているので、「ダウンロード」をクリックして、任意の名前、場所で保存します。




【手順10】
保存したファイルを展開(解凍)してください。
ファイルは「UTF-8」の文字コードでダウンロードされるため、「UTF-8」に対応した解凍ソフトが必要となります。
※(参考)解凍ソフト:7-Zip beta
(URL:http://sevenzip.sourceforge.jp/download.html



ダウンロードしたファイルは、そのファイル形式(mbox,ics 等)に対応したソフトやサービスで復元できます。
例:
メールデータ(mbox形式)⇒Thunderbird(アドオン:ImportExportTools)
カレンダーファイル(ics形式)⇒Googleカレンダー 等


問い合わせ先

ご不明な点がございましたらこちらへご連絡ください。

更新:2016年12月20日

  1. TOP
  2. マニュアル(G Suite)