1. TOP
  2. マニュアル(Webユーザツール)

学生向けGmail自動転送設定("Gmail for education" forward setting)

学生向けGmail 自動転送設定方法を説明します。

1) 各種設定・変更にアクセス

net2010ユーザ支援Webサイト左側の「各種設定・変更」をクリックします。
(Gmailからメール自動転送設定を行うこともできます。手順は こちら




2) メール自動転送設定

「メール自動転送設定」をクリックします。





3) 統合認証システムにアクセス

未認証の場合、net2010統合認証システムのログイン画面が表示されます。
「ユーザ名」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。




4) メール転送先設定

「メール転送先設定」画面が表示されます。

「転送先アドレス」を入力します。
転送したメールをGmailに残す場合(転送したメールをGmailでも読めるようにする場合)は、「大学提供のGmailのボックスにメールを残す」にチェックを入れます。



なお、転送先メールアドレスが以下の禁止事項に抵触する場合、Googleの仕様によりメールが転送されません。

<転送先メールアドレスの禁止事項>
 1.先頭の文字が「.」(例:.hosei@hosei.ac.jp)
 2.@の直前が「.」(例:hosei.@hosei.ac.jp)
 3.「..」(「.」が連続)(例:hosei...taro@hosei.ac.jp)
 4.英数字、!、#、$、%、&、'、*、+、-、/、=、?、^、_、`、{、|、}、~ 以外の文字が含まれる

上記の禁止事項に抵触するメールアドレスは、Googleでは無効なメールアドレスと判断されるため、メールが転送されません。

更新:2017年1月23日

  1. TOP
  2. マニュアル(Webユーザツール)