1. TOP
  2. 記事詳細(お知らせ)

Internet Explorer(IE)の脆弱性に関する注意喚起

更新日時:2014年5月 2日 16:31

各報道機関による報道の通り、Microsoft社が提供するInternet Explorer(以下IE)に脆弱性が発見されました。
該当するバージョンのIEを使用されている方は以下をご参照いただき、早急にご対応いただけるようお願いいたします。


1.該当するIEのバージョンについて

IE 6 から 最新の IE11 までの全てのバージョン

2014年4月9日にサポートが終了したWindows XP に標準搭載されているIE6も該当いたします。

本脆弱性を悪用されると、悪意のあるコンテンツを閲覧することによりウイルスに感染するなどの被害が発生します。


2.対策

以下のリンクを参照し、Microsoft社が提供する更新プログラムを適用してください。

Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2965111)

Windows Updateでも本更新プログラムは適用されます。

Windows XPはサポートを終了していますが、本脆弱性については例外的に更新プログラムを用意しています。


3.備考

事務PCでは上記リンクからのインストールが行えません。
事務PC管理者による自動アップデートをお待ちください。

[2014年5月7日(水)追記]
※各事務PCに対しては、5月2日(金)時点で当該修正プログラムを配信しております。
 順次適用されますので、再起動を促すポップアップを確認した場合には速やかに
 再起動願います。


詳細:情報システムユーザサポートサイト(職員用)
https://www.hosei.ac.jp/as/staff/index.html


4. 本件に関する問い合わせ先

本件に関する問い合わせは こちら をご参照ください。



 

2014年5月7日 総合情報センター

  1. TOP
  2. 記事詳細(お知らせ)